ジャパン・ニューエイジ・ネットワーク(JNN)

ロハスとスピリチュアルの融合をテーマとする、ジャパン・ニューエイジ・ネットワーク(JNN)のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

いよいよ12月

こんにちは。伯宮です。

いよいよ12月が近づき、2007年も終了しようとしています。みなさんにとって今年一年はどんな年でしたでしょうか。JNNにとって今年は設立された年であり、とても重要な年だったといえます。

僕はロハスとスピリチュアルの融合を今年のテーマとして考えていました。早速2月に、その一環として『六ヶ所村ラプソディー』の鎌仲ひとみ監督と対談を行いました。

その時KENYU/ケンユーさんとSANAEさんも参加し、その後特にSANAEさんが六ヶ所村について動きはじめたのです。『六ヶ所村ラプソディー』に登場する苫米地さんのお米を買うことをmixiで呼びかけ、多くの人からの反応を得ました。SANAEさんはその後も六ヶ所村についていろいろ調べ、活動をしている人たちとつながっていきました。そして、KENYU/ケンユーさんと相談し、夏に六ヶ所村で大きなイベントができたらいいと考えはじめました。

その提案を受けた時、僕はZen・クエストとしてアースデイ東京に出展しようかと考えていました。そしてその締め切りも近づいていたので、まだ夏のことまで考えられない状況にいました。

数日後、夏至の時期にアースデイ六ヶ所というイベントが計画されていることが判明し、それに加わったらどうかということになりました。アースデイ六ヶ所に関わるのならまず4月のアースデイ東京に参加して、六ヶ所につなげるというのが流れ的にいい感じがしました。そこで急遽SANAEさんとケンユーさんにも出展を呼びかけました。出展場所がNPOビレッジということだったので、どうせならNPO団体を立ち上げて合同で出展したらどうかということになりました。

応募締め切りが2日後ぐらに迫っていて、正直のところあまりじっくり考えている時間がありませんでした。そこで大急ぎで団体名を考えました。この間、3人で20回ぐらいのメールや電話でのやりとりをし、多数の候補の中からJNN(Japan NewAge Network)というものを選んだのです。

そんな状況だったので、JNNは非常に突発的にできた団体だったのでした。(笑)

もっとも僕の中には前々から地域に根ざしたニューエイジのネットワークを作りたいという思いがあり、一時期国立でやっていた時もありました。

そこで、一回だけの団体ということではなく、その後も続けていく方向で話が進んでいきました。コンセプトや運営スタイルなどいろんなことを話し合いはじめました。あらゆる分野で新しいパラダイムを作り出していくことをメインコンセプトとし、それ自体をアースデイ東京での出展内容にも反映させようとしました。当初考えていたのは下記の内容です。

1、六ヶ所村について話そう。
2、ディープエコロジー
3、貧困と経済
4、愛と平和とニューエイジ
5、自然農耕と意識のあり方
6、ロハスとスピリチュアルの融合(ネットワーク)

ブース内のスペースを使い、5人から10人でそれぞれのテーマに沿ったフリートークセッションを行う予定でした。できるだけ他の出展団体ともコミュニケーションを取り、アースデイ東京自体をネットワークの場にできないかと思いました。そこでそれぞれのテーマに関連する他の出展団体の人をゲストとして呼んだり、団体の紹介をトークセッションの中でしたりする予定でした。

そんなこともあり、僕らは積極的に足を運び、他の団体の人たちとネットワークを築いていきました。

ところが、アースデイ東京のNPOビレッジへの出展希望団体は非常に多く、最終的にJNNは審査に通りませんでした。

これに関してはかなり準備をしたので、3人ともがっかりしました。ただ、こうした準備は決して無駄になることなく、その後の活動の種まきとしての働きをしていたのです。

そうです。僕らはみなどこかで目に見えない力の導きを受けていることを感じていました。2月の鎌仲監督との対談も、アースデイ東京に出展しようとしたことも、たまたま重なって起きたことのように見えますが、今思えば何かの働きがあったのではないかと思わずにはいられません。

そんな矢先、東京すぴこんで『六ヶ所村ラプソディー』の上映会が開催されるというニュースが入ってきました。これだと思い、僕たちは第一回JNNギャザリングを、映画を観た人たちのフォローの場にすることにしました。「スピリチュアルな観点から六ヶ所村について語り合おう」というテーマでイベントを開催することにしました。その旨を鎌仲監督に伝えると「ぜひやってください」ということになり、早速チラシを作り、あらゆる場所で配りました。ストップ・ロッカショ・ジャパンも協力してくれ、アースデイ東京の彼らのブースにもチラシを置いてくれました。鎌仲監督も上映会などでチラシを配ってくださり、東京すぴこんでは、すぴこん事務局にお願いして、上映会に来た人全員にチラシが行き渡るように手配してもらいました。

ただ、そんなプロセスの中でも問題はたくさんありました。全体的にロハスの分野で活動をしている人はスピリチュアルな分野には興味を持たず、スピリチュアルな分野で活動している人たちはロハスには興味を持たないということに直面したのです。アースデイ東京では、スピリチュアルという言葉に対して「宗教的なもの」と誤解して捉えている人が多く、またスピリチュアル系のリーダーたちの名前をあげても知らない人が多くいました。東京すぴこんではストップロッカショジャパンの人たちがブースに出られないということで僕たちが代わりにブース番をしたのですが、反応が全くありませんでした。六ヶ所村なんて自分たちには関係ないという感じでした。てんつくマンの「プチ豪快な号外」というものも配らせてもらいましたが、手に取る人は少なかったです。アースデイでは圧倒的な人気を誇っていたてんつくマンが、ここでは誰にも知られていなかったのです。

第一回JNNギャザリングはとてもいい形でスタートできました。ロハスとスピリチュアルの融合ということに多くの人の支持を得ました。両方に関わってきた人たちには、僕たちと同じように二つが分離していると感じる人が多かったのです。それぞれにそれぞれの長所と欠点があり、二つが合わさることにより、それぞれの欠点を補い、バランスが取れ、より包括的な動きになっていくとみなが感じていました。

ロハスとスピリチュアルの性質をそれぞれ分けてみると、全体的にロハスというのは環境、平和、脱原発など社会を変えることにフォーカスし、スピリチュアルは自分自身の内面を変えていくことにフォーカスしている感があります。そして包括的な変容には両方が必要であり、どちらか一方だけでは片手落ちだというのが共通した意見でした。

これに勇気付けられた僕たちはJNNの必要性を再認識し、活動を続けていきました。

6月には六ヶ所村へ行きました。当初の予定通りアースデイ六ヶ所に出展しました。また、夏至の日に「100万人のキャンドルナイトに地球を想って祈ろう!~7人集まって地球に虹を~」というイベントを開くことにしました。僕たちは六ヶ所村で行い、他の人たちにはそれぞれの場所で祈りに参加してもらうように呼びかけました。最初はアースデイ六ヶ所会場でやる予定でいましたが、ウォーク9の人たちが花とハーブの里に集まるということだったので、彼らとジョイントしてできないかと企画を持ちかけました。早苗NENEさんが間に入ってくださり、何とか企画が実現しました。また、mixiでの呼びかけに、「地球人の皆さまへ」というファイアー・ザ・グリッドのコミュの人たちが協力してくださり、多くの人たちが呼びかけに応じてくれました。

六ヶ所村でも、全体的にロハスとスピリチュアルがまだまだ分離しているという状況を何度も垣間見て、アースデイ東京や東京すぴこんで感じた挫折感を味わいました。いっそのことこんなことすべてやめてしまおうかとも思いました。みな自分たちのグループで固まりたがっている。わざわざ考え方の異なる人たちとつながる必要はないと感じている。望まれていないのならやってもしょうがないのではないか。

ただ、まさにこの部分がムーブメントが大きくなっていけない原因だとも感じました。みな自分の主張ばかりで他人の意見に耳を傾けられない。他の人たちの活動や観点に興味を示せない。小さな所で起きているこの状況が実は社会全体に反映されていて、それ自体が、例えば再処理工場の本格稼働への反対派と賛成派が交われないことの縮図となり、国家や民族がひとつになれないことの縮図だと感じました。

ここで諦めてしまえば、すべてがダメになる。JNNの活動はほんの小さなことに過ぎません。影響力もまだまだ弱い。でも、ここで僕たちがやり続けることが重要なのだと感じました。小さな活動だけれども、こうした小さな活動のひとつひとつが全体を作っているのだと。

7月には「来るべき新しい時代(ニューエイジ)に向けて」というテーマでのシェアリングを行いました。ここではアセンションやミロクの世というものもひとつのテーマになっていて、それに向けてそれぞれがどう生きていこうと思っているのかをシェアーしました。医療の分野で改革を進めていこうと思っている人、自給自足の生活をしようと思っている人、目に見えない世界を多くの人に知らせようと思っている人、メディアが伝えない環境や平和に関しての正しい情報を、そのような映画の上映会を開くことによって伝えていこうと思っている人、ヒーリングを通して多くの人の心を癒していこうと思っている人、脱原発に向けた活動をしていこうと思っている人、ワークショップを通して人と人が深い部分でつながりを持てるように導きたいと思っている人、食の分野で身体にも環境にもやさしいものを推進していこうと思っている人、芸術を通して表現していこうと思っている人などがいました。

8月にはJNNのコアメンバーが宮島すぴこんに出演したりして忙しく、ギャザリングは開きませんでした。ただ、医療部会を開き、医者、看護師、薬剤師、ヒーラーなどが集まり、今後の医療について話し合いました。

9月には「スピリチュアリティと平和」というトピックでギャザリングを開きました。ギャザリングではこちらから一方的に情報を伝えるのではなく、参加者が感じていることをシェアーできる時間を長く取ってあります。通常この手のイベントでは講演などが中心で、講師の話を聞いたり映画を観たりする時間が全体の8割で質疑応答などが2割となっていますが、JNNギャザリングではその逆をやっています。シェアーする時間が8割。情報を伝えるのではなく、交換することに意識を向けています。このコミュニケーションの姿勢そのものが、自分の主張だけでなく他人のことにも興味を示す、ということを自ら実践して行う、新しいパラダイムの象徴になっているからです。

平和について考えた時、やはり多くのことがつながっているので、それぞれの分野で自分のできることを行い、他の分野で活動している人たちと協力して連携してやっていくことが大切だという意見が出ました。また、自給自足や農業に興味を持っている人が多く、農業を通して平和な社会を築きたいというシェアーがたくさんありました。

10月には「アセンションPart2~地球の変容とスピリチュアリティ」というテーマでギャザリングを行いました。この日は静岡県富士宮にあるエコビレッジ木の花ファミリーに関わっている人が来て、木の花ファミリーの活動についていろいろシェアーしてくださいました。アセンション後の地球の生活形態としてエコビレッジは主流のものになっていくと思われるので、とても貴重な話となりました。

10月には部会として地域通貨の勉強会を開きました。レインボーリングの運営委員である河野磨美子さんを講師に迎え、ワークショップを開きました。円やドルなどの法定通貨の代替案として注目されている地域通貨。それは単に物々交換のツールだけでなく、自分自身を発見するものであることを多くの人がワークショップを通じて感じました。

11月には「いのちをつなぐ食と農~自給自足から都市農業まで」というテーマで、ギャザリングと部会の二つを開催しました。部会では『サルー・ハバナ』を観て都市農業について学び、それぞれが作っている野菜、ハーブ、ジャムなどをの発表を行いました。ギャザリングでは食と農について感じていることのシェアリングを行いました。JNNとしても多摩地域で農地を見つけ、都市農業を始めようという方向性に向かいはじめています。そんな流れから地域密着型の活動というものにも意識が向き、国立を中心とした地域の人たちとのつながりもできはじめています。11月11日には、「New Clear Vision 1111 in 国立~平和と調和へ意識のチカラを開く!!~」というイベントを開催し、国立から多くの人が参加しました。

と、今年一年を振り返ってみましたが、次回、第6回JNNギャザリングのテーマは、2007年を振り返るです。

●●第6回JNNギャザリング&パーティー●●      


★ギャザリング

■テーマ:2007年を振り返る

みなさんにとって今年はどんな年だったでしょうか。
それぞれの一年を振り返り、シェアーしていきます。

■日時:2007年12月8日(土)13:30~17:00

■場所:Zen・クエスト 東京都国立市 JR中央線国立駅南口より徒歩12分
     (申し込まれた方に地図をお送りします)

■参加費:1000円 OR 500円+500リング

■定員:20人

★パーティー★

夜は忘年会とクリスマスパーティーを兼ねた懇親会を行います。

■時間:18:00~

■場所:Zen・クエスト

■参加費:1000円 OR それに相当する食べ物(自然食系のもの)や飲み物を持参。

■定員:20人

■お問合せ/お申込み:jnn2012@hotmail.co.jp

■主催:Japan NewAge Network

今までのJNNの活動に関しては過去のブログを見ていただければ詳しいことがわかります。    
スポンサーサイト
別窓 | その他の記事 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

第5回JNNギャザリング終了!

11月、食欲の秋にふさわしく、ギャザリング、部会とも食についてを行いました。
部会の方では先に報告をしたように、みんなで持ちよりパーティーのような形式になり、菜園報告や手作り製品、こだわりの食の紹介などでしたが、今回はシェアリングということで、これまた様々な内容で話し合いを行いました。

参加していた方はなぜかみなベジタリアン・・・・
個人的にはもう少し多様なスタイルの方々が集まるという形を予想していたので、驚きました。
魚は食べる、肉も時々はというバリエーションはありましたが、この日本の中、ベジタリアン人口はまだまだ少ないと認識していましたが、引き寄せられて集まってしまったようです。

みなさんそれぞれのお話で面白かったのですが、ベジタリアンになったきっかけは主に「まわりに勧められて」と「体調のために」との二つが多かったように思います。
ベジタリアンを始めてしばらくしてからカルマのことや、肉食をすることが環境破壊、貧困をさらに進めていることを知ってますます・・などという意見もありました。

「これもダメあれもダメ」という考えからやったり、あまり厳しくしていると罪悪感のため病気になる人もいたり、結局長続きしないという意見もありました。

みなさんに共通していたのは、「自分にあったものをそれぞれの感性で選んでいくのが良い」という視点を持っているということでした。

身体にあうという視点と、「食べたい」という欲の間で上手にバランスを取るや、自分や知っている人が作ったものを感謝していただくことが、心を満たしていくことなど、スピリチュアルな側面からもいろんな意見が出ていました。

食に関するテーマですが、やはり経済のことや地域社会の活性化のこととは切っても切れない関係にもなっており、その辺りの話に及ぶとやはりコミュニティーやパーマカルチャーの話にまで広がっていきました。

JNNとしては春から実際の畑で野菜作りを始めるべく、場所探しを行っており、いくつかご紹介いただいたり、お話待ちと言う状態が続いていますが、実際始めるとなると、不安も出てきているようです。

それも気楽に、長続きできる範囲で、みなで協力しながらやっていけたら良いですね。

次回のギャザリングは12月8日(土) 1年を振り返ってのシェアリングを行いたいと思います。
終了後は持ち寄りパーティーでみんなで楽しみたいと思っています。
詳細は後日。
お楽しみに♪


別窓 | JNNギャザリング報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

New Clear Vision 1111を終えて

こんにちは。伯宮です。無事、New Clear Vision 1111 in 国立~平和と調和へ意識のチカラを開く!!~が終わりました。アグレアブル・ミュゼの店内にキャンドルが灯され、キャンドル・ライトの中、ケンユーさんの『PRAYING~祈り』に合わせてみなでイメージワークを行いました。そこらじゅうに風力発電用の風車があったり、太陽光パネルがすべての屋根に設置されていたり、日本中にエコビレッジができていたりなど、それぞれが持続可能な未来をイメージしてみました。

同時間に全国他五箇所以上の会場でもみな祈りや瞑想の時間を設けていたので、かなりパワフルなものになったと思います。

多くの人が集まり、定員をオーバーしてしまいました。イメージワークの後で自己紹介をしたのですが、それぞれみんな素晴らしい活動をしている人ばかりで、改めて国立の人たちの層の厚さに驚きです。

僕にとって、国立の人に呼びかけて行うイベントは今回が初めてだったのでどうなるのか予測がつかなかったのですが、思ったよりうまくいきました。最近、ローカリゼーションというものがひとつのテーマなので、地域の人たちと新たなつながりができたことを嬉しく思います。

国立以外からも多くの人が来てくださいました。小平、世田谷、目黒、新宿、千葉や茨城からも。遠くから来てくださった方々、ありがとうございました。

自己紹介が予想以上に長くかかりその後のシェアーまで時間が回りませんでしたが、逆に全員が自己紹介できたことで、その後それぞれが自由に交流できたのでとてもよかったと思います。

自己紹介のあとで、お結びを食べました。『やさしいごはん』の著者矢田勝美さんが作ってくださったもので、彼女の実家三重県産のお米と海苔、塩などを使用。すべて無農薬有機栽培or天然ものだそうです。矢田さんによると、お結びは日本人のソウルフード。瑞穂によって発展してきたこの国の、この地を守って来た私たちの祖先のおもいが入った祈りの原形。命を結ぶ、心を結ぶ、未来を結ぶという意味があるそうです。

玄米のものと白米のものをそれぞれひとつずつ作り、一人ふたつずつ食べました。これがまたおいしかった。

八時半になって、ケンユーさんに『ありがとう』を歌ってもらい、一旦会を閉めましたが、その後も話が尽きることなく、みんな遅くまで残って話を続けました。

さて、来週は第五回JNNギャザリングです。「いのちをつなぐ食と農~自給自足から都市農業まで」というテーマでの話し合いです。実践編のほうではDVDを見たり、それぞれが作っているものを発表したりすることが中心になり、話し合いをする時間はありませんでした。ギャザリングのほうでは話し合いにたっぷり時間を取ります。ぜひお越しください。

今、エコビレッジが注目されていて、様々な場所でエコビレッジを作ろうという構想ができあがっていますが、そこにもつながってくるテーマです。食と農というものは我々の生活の中心になっていて、人間というのは生きていくために食べなければなりません。この食をどうやって手に入れていくかということが、経済システムの根幹にあり、そこからすべてが発生しているといっても過言ではありません。平和について考えても、環境について考えても、結局はここに行き着くと思います。

ちなみに食に関連することで、自然食については以前こちらに書きましたので、興味ある方はお読みください。
http://www.zenquest.net/natural%20food.html

●●第5回JNNギャザリング●●

■日時:11月17日(土) 13:30~17:00

■会費:1000円

■場所:下井草会議室 和室(西武新宿線、井荻駅徒歩8分下井草駅徒歩8分)

地図: http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F43%2F3.589&lon=139%2F37%2F27.065&layer=0&sc=2&mode=map&size=l&pointer=on&p=%BF%F9%CA%C2%B6%E8%B2%BC%B0%E6%C1%F0%A3%B4%A1%DD%A3%B3%A3%B0%A1%DD%A3%B2&type=static&CE.x=328&CE.y=105

■お問合せ/お申込み: jnn2012@hotmail.co.jp

■主催:Japan NewAge Network
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

食と農の部会終了♪

食と農のイベント、終了しました。
キューバの都市農業をテーマにしたDVD「サルー・ハバナ」を鑑賞した後、みんなで持ちよりのものを試食しながら、参加者による報告会を楽しみました。

写真はもちよりパーティーの写真です。
071103_1535~01.jpg


手前からsakuraちゃんの育てているバジル、ANZUさんのきな粉クッキー、有機ファーム、除草剤なしのリンゴ、ANZUさんの手作り杏シロップ+杏酒、六ヶ所村ラプソディーに出演している苫米地さんから購入した無農薬玄米のおにぎり(SANAE)、KENYU/ケンユーさんの手作りパン(全粒粉30%)、エコクッキングで作った大豆と昆布の煮豆。

そして食卓には乗っていませんが、カーネリアンさんの畑で取れたイタリアンパセリとコリアンダーやsakuraちゃんの梅酒もありました。

もう1枚の写真はゆうきファームのリンゴです。(ジャム用ではありません)
20071106211121.jpg



ゆうきファームのリンゴというのは、メンバーのケンユーさんが勉強している心理学の先生のご縁から、JNNでリンゴの木のオーナーになり、会の前日に届いた秋田のジョナゴールドです。
この会場のすぐ側の国立で行われていた天下市というお祭りにゆうきファームさんは出展しており、会の前後に訪れて、実際にお会いし、ジャム用のリンゴを大量に買い占めてきました。

報告会の内容は、全体的にベランダやお庭での家庭菜園の報告がおおかったです。
育て方や種をみんなで交換したり、あっという間に時間が過ぎていきました。

途中参加で立川市にある自然食品店みどりの郷のかたも顔を出してくださり、砂糖なしのイチゴジャムを差し入れしていただきました。

以下、報告会の写真です。mixiに入っている方はご覧ください。

カーネリアンさん
http://mixi.jp/view_album.pl?id=6604904

ANZUさん
収穫と手作り http://mixi.jp/view_album.pl?id=6596614
熱帯植物   http://mixi.jp/view_album.pl?id=6594929
ベランダ植物 http://mixi.jp/view_album.pl?id=6594310

sakuraさん
収穫      http://mixi.jp/list_album.pl?id=698034
プランター作り http://mixi.jp/view_album.pl?id=4735819
ほうれん草  http://mixi.jp/view_album.pl?id=4715965

KENYU/ケンユーさん
こだわりの食がテーマ http://mixi.jp/view_album.pl?id=6903117

SANAE
酵素    http://mixi.jp/view_album.pl?id=6262980
野菜たち http://mixi.jp/view_album.pl?id=6262566  


別窓 | イベントの報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ジャパン・ニューエイジ・ネットワーク(JNN) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。